筑波大が貢献したダイジェットカロリメータ検出器 (DCal) が物理運転を開始し、光子ジェット・レベル1トリガーが順調に稼働しました。