ALICE 実験概要

LHC-ALICE 実験は、スイス・ジュネーブ近郊のヨーロッパ共同原子核研究機構(CERN, セルン研究所) にある世界最大のハドロン衝突型加速器 LHC (Large Hadron Collider) を用いて重イオンを加速、 衝突させ、ビックバン直後の宇宙初期に存在していたとされる物質相「クォーク・グルーオンプラズマ(QGP)」 を生成し、その性質の解明を目的としている実験です。ALICE の名前の由来は、"A Large Ion Collider Experiment" です。その名の通り、LHC 実験の中で唯一高エネルギー重イオン衝突に特化した実験チームです。

ALICE 実験は41ヶ国、159研究機関、1600名の研究者(2016年3月現在)からなる 大型国際共同実験 * です。日本からは広島大学、東京大学、筑波大学が正規メンバーとして、 また理化学研究所が准正規メンバーとして ALICE 実験に参加しています。

2009年より LHC加速器が稼動し、ALICE 実験は陽子・陽子衝突 (900 GeV, GeV: ギガ電子ボルト 10^9 eV) の最初の物理データを収集しました。翌2010年、2011年にはそれぞれ、核子当たりの中心衝突系エネルギー 2.76 TeV (TeV, テラ電子ボルト 10^12 eV)での鉛-鉛原子核衝突に成功しました。その後 ALICE 実験では、 LHCエネルギーで生成された高温物質に関する研究成果を次々に発表しています。今後は、さらに新しいデータの蓄積 とデータ解析により、QGP の性質解明がさらに進み、宇宙初期の状態や高温極限での物質の性質が 明らかになることが期待されています。